2022年 05月25日(水)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2022.01.17 08:36

元高知ユナイテッド、支援へ駆ける 県スポーツ課職員 塚本諒さん(30)高知市―ただ今修業中

SHARE

サッカー選手から県庁マンに転身した塚本諒さん。びしっと着こなす背広姿に「けっこうジャージーの時も多いです」(県庁)

サッカー選手から県庁マンに転身した塚本諒さん。びしっと着こなす背広姿に「けっこうジャージーの時も多いです」(県庁)


 高知のサッカー界で「ちょっとは」知られた名前だ。高知大時代は、実藤友紀(J1横浜Fマリノス)らを擁して全国大会で3位に入ったチームで、1年生ながらスタメン。高知からJリーグ入りを目指す高知ユナイテッドSC(高知U)では2016年の発足時からのメンバーで、県勢クラブを初めてJFLに導いた昇格戦士の一人でもある。無尽蔵のスタミナでピッチを駆け回り、サポーターの心をつかんだ左サイドバックは、昨年から戦うフィールドを変えた。今の所属チームは高知県庁スポーツ課。今度は自分がサポーターとなり、高知のスポーツを全力で支援する。

 ◆

 岐阜県出身。サッカーに出合ったのは保育園の時。ある日、先生がゴールとボールを持ってきて、サッカーというものがあると知った。そして布団に入る頃には、「自分はサッカーのプロになるんだ」と決めていた。「びびっと来たんです」。直感の男である。

 二足のわらじを履いていた水泳では、小学2年までに200メートル個人メドレーを習得したというから、身体能力は高かった。高校は地元の強豪・帝京大可児高に進み、高知大へ。以降の活躍は前述の通りである。

 そして訪れた選手引退の時。これからどうしようかと考えて、母校のコーチ▽高知に残る▽全然知らない場所へ旅立つ―の三つで悩んだ。

 その時に思い浮かんだのはサッカー選手として過ごした計8年の高知生活。高知大時代にホームステイさせてくれた宿毛市の人がいて、高知Uを手弁当で手伝うおっちゃんたちがいた。

 「高知に残って何かをやるのが一番ワクワクする。最後はその感覚を信じました」

 直感の男である。

 ◆

 サッカーに傾けていた情熱を「全ふり」して勉強し、合格した県庁。ただ、スポーツ関連の部署とはいえ、アスリートから公務員への転身は、畑違いどころか、農業と漁業ぐらいに勝手が違った。

 「今までは自分が『やろう』と思った瞬間に始めていたけど、県庁では一つの提案でも、いろんな人に見てもらって、アドバイスをもらってからってなる。時間管理がうまくできずに間に合わなかった提案もあって、力不足を感じる毎日です」

 なぜ企画書を書くのか、書類を作る根拠はどの条例なのかなど、県庁マンとしてのイロハを覚える日々。「同じ課の人がすごく仕事ができて、しかも優しいのでやっていけている」と苦笑いだ。

 一方で、担当するジュニア選手育成事業「くろしおキッズ」にはやりがいを感じている。

好きな言葉

好きな言葉

 高知から未来のトップ選手を送り出すため、有望な小学生の発掘、適性の高い競技への仲介などを目指す事業。「選手時代は子どもに喜んでほしくてプレーしていたところもある。別の形で、子どもたちのスポーツ環境を整える助けができれば」

 今も朝6時からジムに通い、週末は体験プログラムの現場へ。現役時代さながらの動きで指導をサポートする。

 「高知の人には本当に助けてもらって、応援してもらった。今後は僕が恩返しをする番」。高知スポーツ界を駆ける。

 写真・森本敦士
  文・井上真一

高知のニュース 高知市 ただ今修業中 高知ユナイテッド

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月