2022年 01月21日(金)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.12.04 08:43

香南市漏えい起訴取り消し「歴史的汚点」「誤認逮捕だ」高知県警OBらが批判

SHARE

 香南市の入札情報漏えい事件で高知地検は3日、元市議に情報を漏らしたとした市住宅管財課長の男性(58)の起訴を取り消した。元市議の供述に頼って身柄拘束した経緯は、「誤認逮捕」とも言える大失態。裁判前に起訴を白紙に戻した異例の展開に、高知県警OBらは「聞いたことがない」「歴史的な汚点だ」と厳しい声を上げた。

 「自分が自白すれば事件が成立する。そんなストーリーが出来上がっていた」。男性は2回目の釈放後の11月16日、記者会見で捜査への強い怒りをにじませた。

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 香南市 事件事故 香南市入札漏えい事件

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月