2024年 07月13日(土)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法

2024.04.26 08:36

宿毛市の震度6弱から1週間 市民の防災意識に高まり 耐震化相談や用品購入が増加

SHARE

屋根にブルーシートが張られ、修繕に向け足場が組まれるなど復旧の進む宿毛市の市街地(同市中央6丁目)

屋根にブルーシートが張られ、修繕に向け足場が組まれるなど復旧の進む宿毛市の市街地(同市中央6丁目)

 宿毛市で震度6弱を観測した地震は、17日夜の発生から丸1週間が過ぎた。瓦が落ちた屋根にブルーシートが張られるなど復旧が進み、市民生活は日常に戻りつつある。次の南海トラフ地震を見据えて住宅耐震化を検討したり、防災用品を買い求めたりする市民が増え、防災意識の高まりが顕在化している。

 「やっちょかないかんろう」「県外の家族に言われた。心配だけん、家の耐震化を考えてって」

 宿毛市危機管理課には、…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 宿毛市 防災・災害 県内地震

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月