2021年 12月05日(日)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.08.10 08:50

世界的ダンサー・菅原小春さん「私、高知に引っ越しました」 よさこいが縁「エネルギーがある」

SHARE

高知城下を散策する菅原小春さん。愛犬パクチーと一緒に(高知市の藤並公園)

高知城下を散策する菅原小春さん。愛犬パクチーと一緒に(高知市の藤並公園)

 世界的ダンサーで、NHKの連続テレビ小説「おかえりモネ」に出演中の菅原小春さん(29)=千葉県山武市出身=がひょっこり、高知城下に現れた。「私、高知に引っ越しました」

 2年前、よさこい祭りへの飛び入り参加をきっかけに、この夏から東京との2拠点生活を始めたという。「高知の土地はすさまじいエネルギーがある。いい踊り、いい人のそばにいたい」

 その話、もっと聞かせてもらえません?

 □  □

昨夏、土佐神社で舞を奉納した菅原さん(高知市一宮しなね2丁目)

昨夏、土佐神社で舞を奉納した菅原さん(高知市一宮しなね2丁目)

 「高知が肌に合ったんです」。世界中からオファーが殺到するダンサー、菅原さんが、日焼けした顔で笑う。2年前に初めてよさこい祭りに加わり、「踊りも人も豊か。ここならきっと、いいエネルギーを受けられる」。直感を信じて引っ越してきた。

 「裕ちゃん、高知で家、探せる?」。引っ越しを決めたのは、東京のマンションの契約更新が1カ月後に迫った6月だったという。2年前に飛び入り参加したよさこいチーム「須賀IZANAI連」の国友裕一郎代表(43)に連絡した。

 18歳で渡米し、海外を転々とする暮らしを続けてきた。それが昨年からのコロナ禍で世界は一変。「どうせなら、好きな人、踊りのある所へ行こう」。1日で物件を決め、2週間後に荷物を送った。

 「食は最高。高知にはエネルギーがある。すごいリアルだと思ってる」

 初めて高知に来たのは2019年の夏。友人のカメラマンに「小春、よさこいだぞ」と勧められた。国内外で名を知られるダンサーになっていた。「でも日本の祭りは無知だった」

 よさこい本番の2日目。衣装を渡され、よく分からないまま地方車へ。「せいやー」。すさまじい爆音が響く中、老若男女が魂を一つにして踊り始めた。その姿に震えが止まらず、子どものように泣きじゃくった。

 「私はずっと一人で踊ってると思った。けど、違った。仲間がいた。ダンサーとか肩書は関係なく、心が動くから体が動く。同じだって」

 □  □ 

高知市の日曜市で真剣に物色する菅原さん

高知市の日曜市で真剣に物色する菅原さん

 NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」では、関西弁を話す車いすマラソンの選手を演じる。2019年のNHK大河ドラマ「いだてん」の人見絹枝役以来のドラマ出演だ。

 俳優としてのオファーはほとんど断ってきた。今回の出演は「朝ドラだと福島の98歳のおじいちゃんが喜ぶと思った」。ただ、慣れない関西弁と車いすでの演技は過酷で「毎朝、体が痛すぎて泣きわめきながら起きてた」という。

 「それでも、やるなら自分しかできない役をしたい。結局、苦しい思いをしたいんですね、私」

 小さい頃から数々のダンスコンテストで優勝してきた。勝つための見せ方も、人を引き付ける構成も分かってきたが、優劣をつけることに疑問も感じてきたという。

 「ダンスはビジネスじゃない。うまい下手とか、ないはず」。そんなピュアな思いの先に、衝撃的なよさこい体験が待っていた。

 「高知の子どもの鳴子踊りを見て泣いちゃった。幸せなリズムで踊ってるなって。鳴子鳴らす時に、命、加わってるなって。踊りの本質的なものがある。だから私は高知にいるのかな」(村瀬佐保)

■関連記事
【動画】菅原小春さん、挑戦の夏「感じたものをありのまま」よさこいの縁 これからも

【動画】ダンサー菅原小春さん、よさこい復活願い舞う コロナ収束祈り...土佐神社で奉納

【動画】世界的ダンサーが魂の舞 菅原小春さん、よさこい降臨

高知のニュース ひと・人物

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月