2021年 12月03日(金)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.01.24 08:31

いのぐ「3.11」と高知の10年 第1部 現在地(4)避難所確保に限界も

SHARE

広域避難に備えた訓練で、オンラインで避難先を調整する高知市職員(1月13日、市総合あんしんセンター)


 高知県南国市南部の日章地区。自主防災協議会長の西岡義之さん(70)が、防水加工された40枚の避難所運営マニュアルをめくりつつ言う。
 
 「避難所で過ごすのは地域で被災した住民自身。誰もがリーダーとして運営できるようにしちょかないかん」
 
 マニュアル作成を広めるため、県が指定したモデル地区の一つ。西岡さんは地元協議の中心となり、2016年3月に日章福祉交流センターのマニュアルをまとめた。
 
 避難所の開設時は、マニュアルに沿って役割ごとにチーム長を指名する。建物の破損状況はチェック表で、居住スペースの区割りも図面に従って―。運営の手順を時系列で整理した。…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 防災・災害 いのぐ

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月