2024年 07月13日(土)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法

2024.05.02 08:39

飽和潜水、知られざる世界 早明浦ダム水深50メートルで改修支える ダイバーは2週間缶詰め

SHARE

早明浦ダム湖に浮かぶ、さまざまな機材が配置された台船。組み立て式で、昨年10月に設置された(写真はいずれも早明浦ダム湖)

早明浦ダム湖に浮かぶ、さまざまな機材が配置された台船。組み立て式で、昨年10月に設置された(写真はいずれも早明浦ダム湖)

 ダム湖に人工島出現? 土佐町と本山町にまたがる早明浦ダムに、タンク型の物体や機械類が集まった不思議な船が浮かんでいる。その正体は、深い水中でも長時間活動可能な特殊技術「飽和潜水」を駆使するダイバーの職場兼生活拠点。最大深度50メートルで改修工事の要を担うプロたちの知られざる世界をのぞいた。

 ダムでは現在、堤体の下部に3本の放流管を通すための穴を開ける準備が進む。いきなり開けると水が漏れるため、水中の堤体に箱形の鋼材を横向きに取り付け、鋼材と堤体の間の水を抜く―という手順を踏む。アンカーの打ち込みなど鋼材の取り付け準備に欠かせないのが飽和潜水だ。…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 本山町 土佐町 科学・技術・研究 施設・建築・開発

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月