2008.06.12 07:00

『追伸 500人の村がゆく』(上) 世代をユズルというて

山道を帰る。自分と子の国保料だけで年27万円。加えて「後期高齢者」。年々、苦しさが募る(大川村下切)
山道を帰る。自分と子の国保料だけで年27万円。加えて「後期高齢者」。年々、苦しさが募る(大川村下切)
...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


記事一覧

もっと見る

カテゴリー: 2007500人の村がゆく掲載年表社会


ページトップへ