2024年 07月26日(金)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2024.05.17 08:35

火災に遭った陶芸工房を仲間の協力で再建 北川村木積の新田さん宅 「新しい焼き物で村を盛り上げたい」

SHARE

完成した工房で住民や陶芸仲間と談笑する新田文江さん(後列左端)=北川村木積

完成した工房で住民や陶芸仲間と談笑する新田文江さん(後列左端)=北川村木積

 北川村木積(こつも)で1年前に火災に遭った陶芸家の工房がこのほど再建された。陶芸仲間や住民らが資材を提供し、無償で施工。工房のあるじ、新田文江さん(77)は「いろんな人の思いが詰まった工房になった。新しい焼き物で村を盛り上げていきたい」と喜んでいる。

 新田さんは「こつも焼」の陶芸家として知られ、30代から自宅で創作に励んできた。しかし、昨年5月の火災で工房が全焼し、ガス窯も焼損。一時は引退を考えたが、陶芸仲間らに後押しされ、…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 北川村 美術・アート 施設・建築・開発 寄付・寄贈・ボランティア

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月