2024年 07月15日(月)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法

2024.02.25 08:48

「お昼が楽しみ」321弁当 働く人の胃袋支え四半世紀―ちいきのおと(161)弘見(大月町)

SHARE

焼き肉弁当のおかずを炒める堀起世子さん(写真はいずれも大月町弘見の321弁当)

焼き肉弁当のおかずを炒める堀起世子さん(写真はいずれも大月町弘見の321弁当)

「また食べたい」の声励みに
 国道321号が南北に走る大月町の中心部、弘見。午前7時、国道を走ってきた車が、ある店の前で続々と停車する。ビニール袋を手に店を出てきた人々は、ほくほく顔で「お昼が楽しみ」。開店から四半世紀を超えた321(サニー)弁当は、人々の胃袋から地域の活力を支えている。

 星がまたたく午前4時、ぽっと店に明かりがともる。店主、堀起世子さん(72)の一日の始まりだ。

出来たての弁当を調理場に隣接する売店に並べる堀さん

出来たての弁当を調理場に隣接する売店に並べる堀さん

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 大月町 街ダネ ちいきのおと グルメ

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月