2024年 07月21日(日)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法

2023.12.08 08:34

81年前、高知の部隊とニューギニア戦線で戦闘...亡父の戦場体験を見つめ直す オーストラリア人男性が高知の慰霊祭参加

SHARE

戦没者慰霊祭で祈りをささげるピーター・ライアンさん(高知市吸江の県護国神社)

戦没者慰霊祭で祈りをささげるピーター・ライアンさん(高知市吸江の県護国神社)

パプアニューギニア山中で、高知連隊などがオーストラリア軍を迎え撃った陣地跡。多くの兵器類が集積されていた(2010年撮影)

パプアニューギニア山中で、高知連隊などがオーストラリア軍を迎え撃った陣地跡。多くの兵器類が集積されていた(2010年撮影)

故パトリック・ライアンさん

故パトリック・ライアンさん

 ニューギニア方面の戦没者遺族が高知市で毎年開く慰霊祭に今年、71歳のオーストラリア人男性が初めて参加した。男性の亡父は戦時中、ニューギニア戦線で本県部隊と一進一退の攻防を繰り広げた。80年以上が過ぎた今、男性は「父の戦場体験を見つめ直すとともに、高知の戦死者に敬意を表したかった」と思いを語った。

 メルボルン在住のピーター・ライアンさん。その父、パトリックさんは1942年、現在のパプアニューギニアでの対日戦線に送り込まれた。

 パプアは当時、…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 高知市 語り継ぐ戦争・戦後 国際交流

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月