2024年 06月19日(水)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法
県体写真

2024.05.24 08:35

東海理化が香南市に新工場 脱炭素へ竹新素材を量産 ミロクテクノ(南国市)が協力 来夏に稼働 高知県

SHARE

東海理化が取得した新工場(香南市赤岡町)

東海理化が取得した新工場(香南市赤岡町)

 トヨタ系部品メーカーの東海理化(愛知県大口町)は23日、衛生用品製造の大三(香南市)から同市赤岡町の工場を取得したと発表した。竹繊維を主原料とし、二酸化炭素(CO2)排出量を抑えた複合樹脂「バンブープラス」の量産が目的という。共同開発したミロクテクノウッド(南国市)と協力し、2025年7月に生産を開始する予定としている。

 ミロクテクノウッドは東海理化とミロク(南国市)が共同出資して設立し、高級車向け竹ハンドルなどを生産している。脱炭素化の機運が高まる中、…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 南国市 香南市 高知の企業 経済・産業

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月