2022年 05月25日(水)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2022.01.18 08:46

「TV飛んだ」家具が凶器に 阪神大震災27年...圧死や窒息死7割 揺れ対策なお徹底を―高知地震新聞

SHARE

倒壊家屋から負傷者を救出する近隣住民ら。がれきから生還した人の8割は家族や住民に救出されたという(1995年1月18日、神戸市灘区=神戸新聞社提供)

倒壊家屋から負傷者を救出する近隣住民ら。がれきから生還した人の8割は家族や住民に救出されたという(1995年1月18日、神戸市灘区=神戸新聞社提供)

 阪神大震災から17日で27年となった。犠牲者6434人。あらためて心に刻んでおきたいのが、その7割が家屋倒壊や家具の転倒によって圧死や窒息死したこと。震災を知らない世代が増える中、兵庫県や本県にいる体験者は「何よりもまず家具の固定を」と呼び掛ける。避難を始められるかどうかの、最初の分岐点だからだ。

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 防災・災害 地震新聞

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月