2021年 12月04日(土)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.10.19 13:06

【2021衆院選 高知】2区・広田晋一郎候補(N党・新)の第一声

SHARE

 有事に備えた憲法に
 西暦2020年初頭、われわれは世界規模の伝染病、コロナウイルスと遭遇することとなりました。そして、われわれはその困難を乗り越え2021年、令和3年、平和の祭典、東京オリンピック、東京パラリンピックを開催することとなりました。この大成功に弾みをつけ、今のこの傾いた経済を立て直し、あらゆる分野の復旧、復興、これをしっかりとやっていかなくてはなりません。

 ここ30年、めちゃめちゃ不景気ですね。さらに、少子高齢化なんて言ってますけど、じゃあ今、何をやってるかっていうとですね、緊縮財政と消費税導入アップアップです。ちょっと今までの歴史で見たことのないうような、変わったことをやってるわけです。こういう時代、メスを入れて国を発展、繁栄させていくというのが政治家の仕事であるわけです。そして、今の日本を取り巻く世界情勢、ちょっと複雑になってきてますんでね。こういう時代だからですね、私のように、いちいち大げさな男が今必要になってるというわけです。

 私の主義主張、五つにまとめてます。

 一つ目が国旗掲揚、国歌斉唱。これはもう基本中の基本ですよ。日の丸は、われわれ日本人の愛と勇気と希望と未来のシンボルマークなんです。学校の入学式や卒業式、あるいはお正月、祝日、祭日には国旗掲揚し、国歌斉唱し、皆で心を一つにするんです。

 二つ目が憲法改正です。今の子どもたち、次の世代の子どもたち、未来の日本人全員のためにですよ、全員が声を上げて、憲法改正するなり、全部破棄しちゃって新しい憲法にしてですね、未来に向けて新しい一歩を踏み出していかなければいけない。

 三つ目が、われわれ日本人本来の歴史を取り戻して、本来あるべき未来を取り戻そうということ。残念ながら日本人、毎年毎年、しなくてもいい反省と、しなくてもいいおわびしてるんですよ。戦争した悪い国ですとか言うてますよね。戦後の自虐史観というやつです。でも今の日本政府の歴史認識、政府見解が全部そういうことになってるから、学校の教科書までそういうことになってるんで、今の日本の社会にめちゃめちゃ悪い影響を与えている。そして、このことが今の日本の国益を大いに損ねている。

 四つ目が経済復活なんですけど、最初に言ったんでちょっと省きます。

 五つ目、コロナ対策とアフターコロナです。私は今回のコロナに関して、最前線で活躍されてる方の意見を尊重していきたいと思ってます。あとインフルエンザに気を付けないといけないというのもあります。こういうことは国家主導で、総理大臣が国民にメッセージを発してもらいたいですね。

 コロナ対策は大事ですけど、もっと大事なものがあります。コロナの件でも分かりましたし、東日本大震災、阪神・淡路大震災でもよくよく分かったんですけど、日本の憲法は有事に備えた整備が全くできてないです。平時は個人の自由、個人の権利の下に自由で楽しい生活を送っとったらいいんです。でも有事になったら、個人の自由とか個人の権利、これを乗り越え、国民が一丸となって統率の取れた行動を取って、一つの目的を成し遂げて自分たちの平和を取り戻さなくちゃいけないんです。今、そういう有事に備えた憲法の存在が全くないんです。

 今度また大津波が来たり、大地震が来たり、疫病のまん延があったりですよ、外国から侵略を受けたり、本当に戦争になったり、宇宙人が攻めてきても、われわれが一丸となって統率が取れた行動を取って状況を乗り越えていくためにはあまりにも障害が多過ぎるんです。今回の件を教訓に法律、憲法、国家体制の整備をしっかり進めていかなくてはなりません。

高知のニュース 2021衆院選 高知

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月