2021年 12月05日(日)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.10.08 08:32

「水道料は50年後に2倍」高知県が試算、抑制へ広域化プラン 高知県議会

SHARE

 高知県内市町村の上水道事業は、人口(利用者)の減少や施設老朽化で次第に経営が悪化し、水道料金などが現在のままなら、向こう50年間で県全体で約1900億円の収支不足になるとの試算を県がまとめた。収支不足をカバーするには水道料金を現在の2倍近くにする必要があるという。県は、市町村の広域連携を促して不足額を圧縮したい考えで、近く「水道広域化推進プラン」をまとめる。7日の県議会総務委員会で報告した。…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 議会

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月