2021年 10月27日(水)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.08.23 08:34

高知県四万十町で希少植物盗掘横行、絶滅危惧種も株ごと...「例年の2、3倍」保護団体憤る

SHARE

自生していた植物が盗掘された跡。土ごとごっそり持ち去られている(四万十町)

自生していた植物が盗掘された跡。土ごとごっそり持ち去られている(四万十町)


 高知県高岡郡四万十町で、自生する希少植物の盗掘が横行している。保護に取り組む住民グループ「遠山を守る会」によると今年は特に多く、車で乗り付けた盗掘者が根ごと持ち去っていくという。県レッドリストで絶滅危惧種に分類される植物も被害を受け、同会などは「保護の努力が台無しだ」と憤っている。

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 四万十町 自然・植物 環境・エコ

注目の記事



いかがですか