2021.08.23 08:33

コロナ・デイズ-高知の記録-エピソード5 鳴子、響かず(1)

追手筋本部競演場は踊り子の晴れ舞台。夜はライトアップされ幻想的な景色も見せる
追手筋本部競演場は踊り子の晴れ舞台。夜はライトアップされ幻想的な景色も見せる
あの光をもう一度
 熱気と喧噪(けんそう)が街を包む。よさこい祭りの日の高知市の夜。待っていた追手筋本部競演場でのパフォーマンスはもうすぐだ。

 交差点を抜けて、桟敷席が並ぶ通りに入った。地方車からのあおりに、叫んで応える。曲が始まる。血が体を駆け巡る。まぶしいくらいのライトを浴び、沿道から声が届く。「ああ、これがよさこいだ」と実感が満ちてくる―。

 よさこい祭りが2年連続で中止になった2021年の夏。高知市の大学生、太田舞花(19)は数年前の経験をよく思い返すという。

 「本当に光の中で踊っているようでした」...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ