■Google検索からご訪問の方へ(2021年9月14日) ログインできない場合は、こちらからどうぞ

2021.07.19 08:32

「防災いのぐ記者」中学生が被災実態と手当て学ぶ 日赤高知県支部が講座

応急手当て講習で患部の固定を練習する防災いのぐ記者ら(高知新聞社)
応急手当て講習で患部の固定を練習する防災いのぐ記者ら(高知新聞社)
 未来の防災リーダーを目指して本県の中学生らが学ぶ高知新聞「防災いのぐ記者」の学習会が17日、高知市本町3丁目の高知新聞社で開かれた。中学生13人が参加し、日赤県支部職員から被災地の実態や応急手当てを学んだ。

 講師の中野大智さん(39)は2011年の東日本大震災の際、県支部救護班の1人として発生当日の夜、福島県へ出発。翌月までに2~4日間ずつ計3回、同県や宮城県に入り、医療支援や避難所の巡回などを行った。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ