2021.03.11 08:27

「惨禍を繰り返さないで」 いのぐ塾語り部3・11に思う 

高知新聞主催の「いのぐ塾」で語り部を務めた三浦貴裕さん(1月30日、宮城県南三陸町)
高知新聞主催の「いのぐ塾」で語り部を務めた三浦貴裕さん(1月30日、宮城県南三陸町)
 東日本大震災からきょう11日で10年。高知新聞が2016年から開催する防災イベント「いのぐ塾」では、これまで計15人の語り部が自らの被災体験を高知に伝えてきた。

 「地震の後、どこへ避難するか、家族で話し合っていますか?」「何があっても助かって」「生きたくても生きられなかった人が、たくさんいるんです」

 自然の脅威を目の当たりにし、愛する家族や友人らを失った語り部たち。私たちに投げ掛けた一つ一つの言葉には、「東北の惨禍を二度と繰り返さないで」という強い思いがにじむ。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ