2021.01.11 08:33

追跡・白いダイヤ~高知の現場から~第一部 採捕(8)他にはない仕組み

 高知県のシラスウナギを取り巻く状況は、1970年代の「ゴールドラッシュ」と、ハウス養鰻(ようまん)の普及で激変。大金が動く「光」と密漁が横行する「闇」が生まれ、今に続いている。

 その構造にさらに迫る上で、シラス独特の採捕ルールを整理しておきたい。

 ■ 

 シラスの採捕は、国が許可するカツオやマグロなどの漁とは違い、各県が漁業調整規則でルールを定める。所管する高知県漁業管理課も「こんな仕組みは他にない」と言うほど、複雑で難解だ。

 そもそも県の規則は、資源保護のため、21センチ以下のウナギを採るのを規則で禁じている。5~6センチのシラスは採ってはいけないことになる。

 一方で規則は、...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ