2020.04.21 08:36

【地震新聞】「臨時情報」どう生かす 運用開始1年

 南海トラフ地震が起きる可能性が高まったとして、気象庁が発表する「臨時情報」の運用が始まり、まもなく1年がたつ。高知新聞の取材によると、臨時情報の発表時に県内の沿岸19市町村が避難を呼び掛ける対象人口は少なくとも約10万7千人、休校する公立学校も約180校に上る。不確実性をはらむ情報に対して、住民の「事前避難」にどう対応するか。避難方法や学校運営の検討状況をまとめた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会いのぐ地震新聞災害・防災

ページトップへ