2019.05.21 08:27

【地震新聞】漁業者の津波対策は 基本行動の浸透課題

漁港に係留中の漁船。この状態で地震が発生すれば、漁業者は陸上の避難場所に向かうのがマニュアルだ(宿毛市片島)
漁港に係留中の漁船。この状態で地震が発生すれば、漁業者は陸上の避難場所に向かうのがマニュアルだ(宿毛市片島)
陸上、係留中→避難場所 操業中→沖合
 5月に入って日向灘を震源とする地震が相次いでいる。10日にマグニチュード(M)6・3の地震が起き、11日には宿毛市で最大震度4を観測。10日の地震では津波に至らなかったものの、気象庁は若干の海面変動があり得るという津波予報を出した。今後30年以内に南海トラフ地震が起こる確率が70~80%と高まる中、漁業者の津波対策について考える。
 
 11日午前9時ごろ、宿毛市のサンゴ漁師の男性(36)が、足摺岬の沖約5キロの海域でいつも通り網を潮に流していると、突然、携帯電話が鳴った。
 
 「地震。震度4やって」
 
 陸にいる妻からだった。同市では前日朝にも震度3の地震があったばかり。男性は「南海トラフ地震につながる心配もあるし、いい気持ちはせんかった」。
 
 男性がいた海域で潮位に変化はなく、妻からも「津波の心配はない」という気象庁発表の新しい情報が入った。ほっと胸をなで下ろしたが、南海トラフ地震が起きた時、この日と同じように海上にいたら…。
 
 操業中は沖に避難すれば自分の身は守れると考えている。それでも、「家族の元にいち早く行きたい気持ちもあるし、実際に起きてみんことには分からん」と不安げに話す。
 
 ■新システム導入へ
 沖合で操業する漁師は、津波に関する情報をどうやって入手するのか。
 ...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会いのぐ災害・防災


ページトップへ