2024年 07月26日(金)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2023.08.28 08:36

「佐川の山に津波来る」―流言禍 関東大震災から高知へ(4)

SHARE

安政地震の絵馬。上部に、たいまつをたいて逃げ惑う人々が描かれている(佐川町東組の入寺山公民館)

安政地震の絵馬。上部に、たいまつをたいて逃げ惑う人々が描かれている(佐川町東組の入寺山公民館)

 たいまつやちょうちんを提げて、夜の山道に連なる人々―。古い絵馬に墨で描かれているのは、1854年に高知の沿岸部を襲った安政地震の際、津波を恐れて逃げる人々だという。

 「入寺山(にゅうじやま)阿弥陀堂絵馬」(縦34センチ、横98センチ)。佐川町斗賀野地区の入寺山公民館で、住民が大切に保管している。

 斗賀野地区は海岸から9キロ離れ、…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 佐川町 防災・災害 歴史

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月