2022年 07月02日(土)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2022.04.26 08:33

マリンレジャーに手ぶらキャンプも 奈半利町海浜センター再整備、カヤックなどアクティビティー多彩

SHARE

3区画設けられたキャンプサイト(写真はいずれも奈半利町海浜センター)

3区画設けられたキャンプサイト(写真はいずれも奈半利町海浜センター)


 太平洋を眺めながらアクティブな一日を―。安芸郡奈半利町甲の町海浜センターが、隣接する県有地に手ぶらで来て楽しめるキャンプ場を新設し、29日にオープンする。電動スケーターやクリアカヤックなどアクティビティーも充実しており、海辺の新たなレジャースポットとして注目を集めそうだ。

クリアカヤックで海にこぎ出せる

クリアカヤックで海にこぎ出せる

 同センターは2010年、シーカヤックやシュノーケリングなどマリンレジャーの拠点施設としてオープン。より集客力のある魅力的な施設にと、町が再整備を進めていた。総事業費は約1700万円。

太平洋が一望できるテラス

太平洋が一望できるテラス

 車が横付けできるキャンプサイト3区画はペットも同伴可。テントの設営から火起こし、片付けまでスタッフがやってくれる。夕食はバーベキュー、朝食はホットサンドや帽子パン。酒類は各自持ち込む。

 従来のSUPやシュノーケリングなどに加えて、クリアSUPなども導入。陸上では電動スケーターのほかウオーキングバイシクルも楽しめる。また同センターの屋上をテラスとして整備し、Wi―Fi環境も整えた。
ウオーキングバイシクルで海辺を走る

ウオーキングバイシクルで海辺を走る



 料金は宿泊、飲食、アクティビティー遊び放題で1人2万2千円(税込み)のオールインクルーシブ方式。小学生以下は半額で、未就学児は無料(食事なし、アクティビティーは実費)。

 松下和将所長(40)は「雄大な太平洋の眺めが最大の魅力。手ぶらで訪れて、目いっぱい楽しんでいってほしい」とPRしている。問い合わせは同センター(0887・38・5127)へ。(植村慎一郎)

高知のニュース 奈半利町 観光 新店オープン 遊び場

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月