2022年 05月21日(土)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2022.01.27 08:31

いの町八田の仁淀川河川敷に巨大文字 「コロナ対策へ力を合わせよう」高知市の福留開発

SHARE

 いの町八田の仁淀川河川敷に26日、砂利で作られた「2022 POWER」の巨大文字=写真=が出現した。縦約30メートル、横約40メートル。近くの八天大橋から眺められる。

 高知市南宝永町の「福留開発」が、3次元設計データを入力した重機を使い制作。作業は半自動で、3日で完成したという。文字には「新型コロナウイルス対策へ力を合わせよう」とのメッセージを込めた。

 最新技術の導入、PRに取り組む建設業グループの企画で、巨大文字は全国各地で施工中。同社の大場将史社長(40)は「3Kと言われた建設業界も変わった。イメージアップにつなげたい」と話していた。

 橋の上からは通行人らが「これはなんやろう」「きれいに掘れちゅう」と、興味津々な様子で写真を撮っていた。文字は2月3日まで残す予定という。(土佐・山崎友裕)

高知のニュース 高知市 いの町 高知の企業

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月