2021年 11月27日(土)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.11.25 08:36

【カシオワールドOP】片岡大育(黒潮)病魔にめげず復帰 顔面麻痺抱え...「全て受け止め最善を」

SHARE

練習ラウンドで調整する片岡大育。病魔にだって負けない(黒潮CC)

練習ラウンドで調整する片岡大育。病魔にだって負けない(黒潮CC)


 地元出身の「大ちゃん」こと、片岡大育(黒潮)が、今年もカシオに出場する。しかし、今回は例年とは違う戦いだ。2019年に賞金シードから陥落、追い打ちを掛けるように顔面が麻痺(まひ)する病魔に襲われた。一時期、試合からも離れ、今夏に復帰。煩わしさや焦りの感情と戦いながら、「現状を受け止め、最善を尽くすだけ」。タフな精神力でコースに立つ。

 6年間守った賞金シードを手放し、巻き返しを図っていた昨年11月。ツアー出場を控えた練習ラウンド中、顔に違和感を覚えた。食事を取ろうとした時、顔面の右半分が動かない。病院に駆け込むと「顔面神経麻痺」と告げられた。

 「何の前兆もなかったので…。医師からは原因不明と言われたけど、ストレスも考えられるのかな、と思った。スイング改造しても結果が出なくて、それが体に影響したのかもしれない」…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 高知のスポーツ カシオワールドOP

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月