2022年 01月21日(金)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.11.19 08:38

観光列車で高知のスイーツ楽しんで!車内でパティシエが調理 JR四国が1月運行 

SHARE

 スイーツ列車、西へ東へ―。JR四国は来年1月、高知県産スイーツ=写真=をたっぷり楽しむ観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり~スイーツでおきゃく」を、高知―窪川、高知―奈半利間で運行する。

 途中駅で生産者がイチゴやミカン、牛乳を持ち込み、パティシエが車内で調理するという斬新企画。四万十栗(四万十市)と西山金時(室戸市)のモンブランなど、採れたての味を車窓の風景とともに楽しめる。

 東西コースでメニューが異なり、1月20日は西へ、同28日は東へ運行。いずれも高知駅を正午ごろ出発し、約6時間で同駅に戻る。価格は1人1万8千円。募集人数は各便40人。

 列車に乗り込んで腕を振るう城西館(高知市)の古谷和義・パティシェ課長は「県内のあちこちから調達した食材の味を、多くの人に楽しんでいただきたい」と話している。(山仲健一)

高知のニュース 道路・交通 グルメ JR四国

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月