2021年 12月05日(日)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.10.27 08:46

【2021衆院選 高知】コロナ対策に各陣営腐心 握手控えめ・演説会自粛・ネット配信…

SHARE

街頭演説の場では握手の代わりにグータッチ(高知市内)

街頭演説の場では握手の代わりにグータッチ(高知市内) 

 新型コロナウイルス下で行われている今回の衆院選。高知県内の感染状況は落ち着いているものの、小選挙区の各陣営は個人演説会を控えたり、ネット発信を強化したり。感染対策に腐心しながら訴えを続けている。

 「清き一票を」「ぜひ支援を」。各地の街頭演説では聴衆もスタッフもマスク姿。支持者に駆け寄りがっちり握手…という従来の光景は控えめで、代わりに互いの拳や肘をちょんと合わせていく。

 個人演説会も、動員をかけてムードを高めるのが常とう手段だが、今回は「密」を避けるため、自粛や制限をかける陣営が多い。

 高知1区の自民党前職、中谷元さんの陣営は、個人演説会をほとんど開かない。本人が県外応援のため地元を5日間離れることもあり、スタッフは「本当は『箱』でやりたいけど、万一にも感染者を出してはいけない」。選挙カーの乗員や随行車の数も減らし、遊説中の「密」回避にも気を使う。…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 政治・選挙 2021衆院選 高知

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月