2021年 12月05日(日)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.10.16 08:35

四万十町に「森のバイオリン」も登場 工房営む男性協力 あす10/17から

SHARE

設置に向けてバイオリンを調律する高橋尚也さん(中央)=四万十町香月が丘の四万十緑林公園

設置に向けてバイオリンを調律する高橋尚也さん(中央)=四万十町香月が丘の四万十緑林公園

 高岡郡四万十町香月が丘の四万十緑林公園で土日祝日に設置されている「森のピアノ」に、バイオリンが新たにお目見えする。今秋は17、24日と11月7日の3日間限定。初日の17日は、バイオリンとピアノのミニコンサートが予定されている。

 県内唯一のバイオリン工房を営む高橋尚也さん(41)=同町香月が丘=が協力。イタリアで10年間修業後、古里に工房を設けて10年になる高橋さんが、幼児から大人までの体格に合うよう6本を用意する。繊細な扱いが必要なため、高橋さんら指導者が付き添える日に設置を限定した。

 17日のミニコンサートは午後2時半から。今年7月のBS番組にも登場した高知市のピアニスト、嶋崎宏美さん(45)とバイオリニストの史香さん(42)の姉妹が共演する。

 高橋さんらは「気軽にバイオリンに触れてもらい、習いたいと思う人が増えればうれしい」と話していた。(小林司)

22日夜に音楽会
 同公園では22日、同町のサックス奏者、山地高さん(54)と香美市のピアノ奏者、西村まきこさんが月や星にまつわる曲を演奏する「月夜の森の音楽会」が開かれる。

 午後6時開演。雨天の場合は窪川四万十会館で開く。入場無料。問い合わせは窪川四万十会館(0880・22・4777)へ。

高知のニュース 四万十町 音楽

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月