2021年 12月06日(月)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.08.07 08:40

こうち★Showえいが「竜とそばかすの姫」

SHARE

高知に住む女子高生の鈴。ネット上の仮想世界に参加し、歌姫「ベル」=右=として人気者になるが--

高知に住む女子高生の鈴。ネット上の仮想世界に参加し、歌姫「ベル」=右=として人気者になるが--

綿密かつ濃密な高知描写
 「細田守監督の新作アニメは高知が舞台のモデル」

 この話を知って「おおーっ、すごい」と心が躍ったのは確か。一方で老婆心ながら「高知という設定がどこまで生かされるのか」とちょっぴり不安にもなった。インターネット上の仮想世界が物語の軸と聞けばなおさらだ。「自然豊かな日本の田舎」の記号性だけをすくい上げられると「高知映画」として肩すかしを食らうことも考えられるからだ。

 さて、鑑賞してどうだったか。

 まず言っておきたいのは「土佐弁は出てこない」こと。主人公は仁淀川流域に暮らす女子高生にもかかわらず、家族も含めてしゃべる気配は全くなし。意外とこれを気にして残念がる鑑賞者はいるのだが…。

 ただし高知の風景描写は想像を上回ると言っていい。高岡郡越知町の浅尾沈下橋や高知市の鏡川沿いだけでなく、主人公の家、JR駅や駅前、バス停や直販所などが数多く描かれた。たとえ現地に行ったことがなくても、高知だと分かる。綿密かつ濃密な描写に支えられた「おらんく映画」と認定したくなる。龍馬や播磨屋橋などの高知の定番ランドマークを使わない点は逆に好感が持てた。

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース こうち★Showえいが 竜とそばかすの姫

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月