2021年 12月03日(金)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.09.12 08:39

ちいきのおと(37)6区(越知町)レトロな薬屋で和紙発信 移住夫妻が作品ショップ

SHARE

旧大川薬舗で和紙作品の店を営む斉藤与志彰さん、竹山美紀さん夫妻(写真はいずれも越知町越知甲)

旧大川薬舗で和紙作品の店を営む斉藤与志彰さん、竹山美紀さん夫妻(写真はいずれも越知町越知甲)

「もっと身近な存在に」
 昭和の香り漂う高岡郡越知町越知甲の商店街。その一角、6区にある旧薬局の建物で8月、土佐和紙を生かしたアクセサリーやインテリアの販売・展示ショップ「和紙おりおり」がプレオープンした。営むのは、和紙の魅力を発信する移住者の作家夫妻。「和紙の可能性を知ってもらい、もっと身近な存在になってもらいたい」と張り切っている。
 
 東西約900メートルある商店街の真ん中あたりに立つ「旧大川薬舗」。趣ある古民家で、引き戸を開けると、木枠のショーケースと小さな引き出しがたくさんある薬棚が目に入る。「鎮痛剤」「パブロン」といった棚の張り紙もそのまま残され、レトロな雰囲気を醸し出す。

 竹山さんが手掛けた愛らしいイヤリングやポストカード
 その店内を今、高知市出身の斉藤与志彰さん(36)、東京都出身の竹山美紀さん(33)夫妻の作品が彩る。和紙で猫や犬をかたどったランプが優しい明かりをともし、愛らしいイヤリングやポストカードなど約200点が並ぶ。いずれも創意にあふれた作品ばかりで、見飽きることがない。

 ◇ 

斉藤さんが作る和紙のランプ。優しく明かりをともす

斉藤さんが作る和紙のランプ。優しく明かりをともす

 斉藤さんは松山市の専門学校でデザインを学び、東京で就職後帰郷。造形作家として活動を始め、4年ほど前から動物の形をした和紙ランプを制作し、ネットで販売している。

 竹山さんは東京芸術大学在学中から、和紙でちぎり絵の技法を用いた絵画などを制作。卒業後の2018年6~9月に吾川郡いの町で活動し、紙の博物館で作品展も開いた。

 作品展に訪れた斉藤さんと竹山さんは、和紙で創作する者同士で意気投合。昨年1月、斉藤さんの母方の実家があった越知町に2人で移住した。

 商店街でチャレンジショップを開いた竹山さん。昨秋、和紙アクセサリー作りのワークショップを開催した旧大川薬舗の建物に「一目ぼれ」した。チャレンジショップでの1年を終え、旧薬舗を新たな拠点に「和紙おりおり」を営むことを決めた。

 ◇ 

 大川薬舗は、佐川町出身の大川豊繁氏が1919年に開業。木造2階建ての店舗兼住宅は32年に建てられた。3代目の勝さん(71)=佐川町甲=は「祖父がこだわって建てたものやき」と、ほとんど改装せず営業を続けてきたが、ドラッグストアの進出などで2008年12月に閉店した。

 一時は取り壊しも検討したが「もったいないって周りから言われてね」。以降、春先の仁淀川ひな回廊といったイベント時に活用されてきた。新たな店主を迎え、勝さんは「愛着ある建物やき、若い人に使ってもらうのはうれしい。ずっと残ってほしい」と喜ぶ。

 和紙おりおりの本格オープンは来春の予定。販売する作品をさらに増やし、和紙を使ったワークショップなども計画する。9月の営業は土日のみで午後1~5時。写真共有アプリ「インスタグラム」で情報を発信している。(佐川支局・楠瀬健太)


《自慢のイッピン》
特産品でピリ辛に「山椒入りからあげ
  
 口に運ぶと爽やかな香りが広がり、ピリリとしびれる辛さが舌を刺激する。商店街にある昔ながらの定食屋さん「仙八」の1番人気は、越知特産のサンショウを利かせた唐揚げだ。

 35年ほど前から店を営む立仙俊彦さん(73)、さとのさん(71)夫妻が、秘伝の焼き肉のたれにサンショウを入れて鶏肉に絡ませ、揚げた一品。町の地域おこし協力隊員の提案で2年ほど前に始めたところ、今やこれを目当てに町外から訪れる客もいるのだとか。

 さとのさんは「地元のサンショウを使ったものを出せてうれしい。皆さんに喜んでもらってます」。「山椒入りからあげ定食」は980円(税込み)。店は午前11時~午後7時、日曜休み。

《あの日あの時》1984年
商店街に新春の活気
  
 1984(昭和59)年1月5日に撮影された6区の商店街。色とりどりの万国旗や「福引付大売出し」の横断幕がはためき、多くの車や人が行き交う。新春のにぎやかさが伝わってくるかのようだ。

 2010年に町商工会が50周年記念に発行した商店街の写真集で、表紙を飾った1枚。編集した6区の横川呉服店4代目、横川満久さん(76)は「商店街が元気なときをよう表しちゅう。えい写真やと思ってね」と選んだ理由を語る。

 「商店街を人が“ざあざあ”歩きよった。昭和の終わりごろまでは、年末年始の人出はすごかったねえ」と横川さん。平成に入った頃から雰囲気が変わり、空き店舗も増えたが、老舗店主は前を向いた。「越知は昔から商売の街。まだまだこれから踏ん張っていきたい」


《ちょっとチャット》
小田悠乃(ゆのん)さん(7)越知小2年
 家は商店街で「こだや」っていう食料品店をやっています。自然がいっぱいで人が優しいのが越知のいいところ。学校帰りには、知らん人でも「おかえりー」って手を振ってくれます。町でやってるコスモスまつりに家が屋台を出してて、毎年行きゆう。迷路で遊んだり、コスモスカーに乗ったりするのが大好き!


   越知町史続編によると、旧越知村(現在の越知甲・乙・丙・丁、野老山)が1896年、区長制を導入して村を7区に分割。その後細分化され、現在18区まである。6区は越知甲の一部で町の中心部。商店街には衣料品店やパン屋、靴店などが並ぶ。8月末現在、176世帯358人。

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 越知町 ちいきのおと

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月