2021年 12月06日(月)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.09.08 08:35

足元照らす黄色い〝光〟チャボホトトギス咲く 高知県香美市の山中

SHARE

登山道の足元を照らすように咲くチャボホトトギス(香美市の山中)

登山道の足元を照らすように咲くチャボホトトギス(香美市の山中)

 森閑とした香美市内の山中で、小さな黄色い花が秋の訪れを告げている。背の低い寸詰まりの形が鳥のチャボに似ていると名付けられたチャボホトトギス。昼なお暗い山道に点々と咲き、誘導灯のように足元を照らしている。

 本州南部や四国、九州地方の深山に生えるユリ科ホトトギス属の多年草。花は上向きに付き、直径3センチほど。花柄はごく短いため、花が地面に落ちているようにも見える。

 地元住民らが「森の黄色い宝石」と例える愛らしい花。よくよく見ると、葉の先端部がない株もちらほらある。野ウサギに食べられたり、ミミズを探すイノシシに掘り返されたりして、数を減らしつつあるという。(横田宰成)

高知のニュース 香美市 自然・植物

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月