2021年 10月27日(水)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.08.14 08:35

月刊マル地スポ 東京パラ編 東京で県勢初の「金」を パラリンピック 県勢初出場から半世紀 

SHARE

アテネ大会アーチェリー団体で銀メダルに輝いた佐古田伸治さん=左から2人目(佐古田さん提供)

アテネ大会アーチェリー団体で銀メダルに輝いた佐古田伸治さん=左から2人目(佐古田さん提供)


出場3選手に熱い期待
 開幕まで10日となった東京パラリンピック。高知県関係では、車いすラグビーの池透暢(ゆきのぶ)(41)=高知市、日興アセットマネジメント=、パラバドミントンの藤原大輔(27)=高知市出身、ダイハツ=、パラカヌーの小松沙季(26)=四万十市、カヌー協会=の3選手が出場し、メダルを狙う。県勢が初めて出場した、1972年の旧西ドイツ・ハイデンブルグ大会から半世紀。県勢のパラ史を振り返る。

 ハイデンブルグ大会に出場した県勢第1号は谷山博さん。四国でも初のパラリンピアンで、陸上100メートルや円盤投げなどに出場した。

 帰国後、谷山さんは本紙の読者投稿コーナーに、「競技は皆さまのご期待に沿えず、(中略)陸上部員全員とともに思い切り泣いた」と寄せているが、確かな一歩をしるした。…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 東京五輪 月刊マル地スポ

注目の記事



いかがですか