2021年 11月27日(土)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.05.12 08:35

「仁淀ブルー体験博」今秋開催 流域6市町村、体験観光プラン多彩に

SHARE

仁淀ブルー体験博に向けプログラム案を話し合う事業者ら(仁淀川町役場)


 仁淀川流域の体験観光を盛り上げようと、仁淀ブルー観光協議会が10~11月に「仁淀ブルー体験博」を開く。流域6市町村でサイクリングや紙すきなど約30の多彩なプログラムを構える予定で、事業者らが連携し企画を練っている。

 同協議会を構成する土佐市、吾川郡いの町、仁淀川町、高岡郡日高村、佐川町、越知町が舞台。

 佐川町が2019年に始めた「わんさかわっしょい体験博(わんぱく)」の好評を受け、同協議会が「取り組みを仁淀川流域全体に広げたい」と「ブルー博」を考案した。10月下旬から約40日間、予約制のプログラムを展開し、流域の自然や文化をPRする。…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 仁淀川町 観光

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月