2021.10.03 08:35

ちいきのおと(40)北高見町(高知市)「高見のたこ焼」愛され45年 生地とろとろ ソースたっぷり

1号店の高見店。岩崎登重さん、美代さん夫婦が生みの親だ(高知市北高見町)
1号店の高見店。岩崎登重さん、美代さん夫婦が生みの親だ(高知市北高見町)

岩崎さん夫妻 気前の良さが味作る
 甘口ソースの海に泳ぐ、ふわとろのたこ焼き。ご存じ、高知市北高見町で誕生した「高見のたこ焼」だ。半世紀近く営業を続け、きょうも真っ赤なのぼり旗の前に、「ふいに食べとうなる」と客が引き寄せられている。 

甘口ソースがひったひたにかかったふわとろたこ焼き。お持ち帰りは慎重に
甘口ソースがひったひたにかかったふわとろたこ焼き。お持ち帰りは慎重に

 ある土曜日、筆山のふもとの1号店。「この甘いソース。昨日の夜から急に食べたくて食べたくて…」。38歳の男性客は「親がよく買ってきてくれて、小さいときからのファン。お昼ご飯にします」。たっぷりのソースに、にんまり。熱々のたこ焼きを抱えて足早に去った。

 店名の由来は住所から。「営業許可を取りに行ったら、店名を付けないかんとなって。考えてもなかったき、慌てて決めた」と、社長の岩崎登重(たかしげ)さん(70)がゲラゲラ。妻の美代さん(66)も「『焼き』の『き』の字も書き忘れてね」と笑う。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ