2021.09.05 08:37

「藤原、さらに我慢強く」高校恩師が成長を実感 東京パラ・バドミントン単4位

西高時代に世界障害者バドミントン大会で銅メダル4個を獲得した藤原大輔。黒石雅宏監督のねぎらいに笑顔を見せた(2011年、同校)
西高時代に世界障害者バドミントン大会で銅メダル4個を獲得した藤原大輔。黒石雅宏監督のねぎらいに笑顔を見せた(2011年、同校)
 4日、東京パラリンピックのバドミントン男子シングルス(下肢障害SL3)3位決定戦に敗れた高知市出身の藤原大輔(27)=ダイハツ。高知西高時代を知る恩師や後輩は「よく頑張った」「誇らしい」。堂々とした戦いぶりを称賛した。

 高知西高時代にバドミントン部顧問だった恩師、黒石雅宏さん(48)=追手前高吾北分校教諭=は「惜しかった。第1ゲームを取れていれば…。でも、彼の持っている力は全部出し切った。よく頑張った」とねぎらった。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ