2021.07.29 08:30

高知県に初の「熱中症警戒アラート」 7/28県内16地点で30度超

ギラギラと照りつける太陽。熱中症警戒アラートが発表された(高知市の県庁前交差点=森本敦士撮影)
ギラギラと照りつける太陽。熱中症警戒アラートが発表された(高知市の県庁前交差点=森本敦士撮影)
 気象庁と環境省は28日、高知県内で熱中症が起こりやすくなるとして、予防行動を取るよう促す「熱中症警戒アラート」を発表した。4月28日の運用開始以降、高知県に出されたのは初めて。

 この日は県内各地で気温が上昇。四万十市の江川崎で36・5度を観測したほか、長岡郡本山町で34・7度、香美市の大栃で34・6度まで上がるなど、県内4観測地点で今年最高を記録し、全16地点で30度を超した。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース速報季節・気候

ページトップへ