■Google検索からご訪問の方へ(2021年9月14日) ログインできない場合は、こちらからどうぞ

2021.07.26 08:35

大月町に残る遍路古道の保全を 高知県がふるさと納税で100万円資金募る

遍路道に案内札を取り付ける児童ら(2016年、大月町)
遍路道に案内札を取り付ける児童ら(2016年、大月町)
 幡多郡大月町に残る遍路古道の保全や看板設置に向け、高知県がクラウドファンディング型のふるさと納税で資金を募っている。10月12日まで。

 地域の遍路文化継承を目指して昨年スタートした「高知家」遍路道プロジェクトの第2弾。昨年は土佐清水市内の遍路道の修繕費用を募り、目標の100万円を上回る380万円余りが集まった。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高知のニュース歴史・伝統幡多

ページトップへ