■Google検索からご訪問の方へ(2021年9月14日) ログインできない場合は、こちらからどうぞ

2021.07.15 08:44

柏木被告「深くおわび」 奈半利ふるさと納税汚職 町民、一部否認に憤り

Tシャツとジャージー姿で証言台に立った柏木雄太、森岡克博両被告。柏木被告は頭を下げて謝罪した(イラスト・岡崎紗和)
Tシャツとジャージー姿で証言台に立った柏木雄太、森岡克博両被告。柏木被告は頭を下げて謝罪した(イラスト・岡崎紗和)
 「深く反省しています」。高知県安芸郡奈半利町で全国屈指のふるさと納税寄付金を集めた「エース職員」が、声を震わせて謝罪した。14日の高知地裁。町の元課長補佐、柏木雄太被告(42)は、捜査段階の黙秘から一転、約9200万円の収賄罪を認めた。ただ、役場の上司と共に問われた受託収賄罪は否認。「事件で町のイメージは地に落ちた」と憤る町民からは、「法廷で洗いざらい話して」と事実解明を求める声が相次いだ。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ