2021.05.25 08:56

高知県日高村がスマホ100%普及目指す KDDIと協定、アプリで防災・健康管理 

日高村のスマートフォン普及率100%を目指し、KDDIなどと協定を締結した戸梶真幸村長(左)=県庁
日高村のスマートフォン普及率100%を目指し、KDDIなどと協定を締結した戸梶真幸村長(左)=県庁
 高知県高岡郡日高村は24日、デジタル化による地域課題解決に向け、本年度中に村民へのスマートフォン普及率100%を目指すと明らかにした。「村まるごとデジタル化事業」と銘打った国内初の取り組みで、災害情報の迅速な伝達や村民の健康管理推進などに活用する。同日、携帯通信大手のKDDI(au)、企業のデジタル化などを支援する民間企業チェンジ(東京)の2社と連携協定を締結し、6月から事業を開始する。

 計画では、村民のスマホに県の防災アプリや健康管理アプリ、地域通貨アプリ、無料通信アプリを導入。非常時も念頭に置いた防災情報の発信や体力づくりの促進、地域経済の活性化などを図る。

 既にスマホ所有中の村民も、通信会社にかかわらずアプリは利用可能で、村が無料で設定する機会も設ける。

 村の調査によると、村内の10代以上のスマホ普及率は約64%。所持していない村民約1100人には購入を促し、6月から村内でKDDIがスマホを出張販売する。新規に持つ人には、地域通貨5千円分をアプリで付与し、手数料や端末代の負担を補う。月々の利用料は村民が負担する。

 スマホに不慣れな高齢者らには、KDDIが夏ごろからスマホ教室を順次開催するほか、村が村内の事業者に使用方法の研修を行い、サポート施設を認定。困った際の〝駆け込み寺〟となってもらい、村民同士で扱い方を教え合う仕組みも設ける。

 この日は県庁と東京とをオンラインで結んで協定締結式を実施。KDDIとチェンジの幹部らが事業内容を説明した。戸梶真幸村長は「政府も行政のデジタル化を呼び掛けており、村として基盤整備をする。全国のモデルになる取り組みにしたい」と述べた。(楠瀬健太)

ページトップへ