■Google検索からご訪問の方へ(2021年9月14日) ログインできない場合は、こちらからどうぞ

2021.05.18 08:30

ココハレ ピックアップ 子育ての本音シェアを

イラスト・岡崎紗和
イラスト・岡崎紗和
「広場」 LINEで募集
 高知新聞社の子育て応援ウェブメディア「ココハレ」のお勧めコンテンツを紹介する「ココハレ・ピックアップ」。今回は「ココハレ広場」をご紹介します。

 ◇ 

 うれしい、悲しい、楽しい、しんどい…。子育てをしていると、毎日いろいろなことが起こります。うまくいくことばかりではなく、ときには落ち込むこともあります。

 「ココハレ広場」は子育てにまつわる出来事や本音を、高知のお父さん、お母さんとシェアしていく企画です。毎月テーマを決め、無料通信アプリ「LINE(ライン)」でご意見を募集しています。

 これまでに14のテーマをお届けしました。「夜泣きはつらいよ」「初めての子育てで驚いたこと」など子育てに関することから、「実家・義実家との付き合い方」といった人間関係、さらに「3時間自由になったら何をする?」といった“妄想系”も紹介しています。

 新型コロナウイルスの影響は子育てにも表れています。3月は「コロナ、この1年」というテーマで、県内で感染者が初めて確認されてからの1年を振り返りました。

 40歳のお母さんは医療職で「外食は1年以上していない」そう。「スーパーに行っても、子どもたちは車で待機。家族に制限を掛け過ぎてるかな」と話していました。

 お出掛けは「密」を避け、屋外へ。「近くの波介川を散歩している」という36歳のお母さんは「最初はてんとう虫を上手に捕まえられなかった息子。お姉ちゃんに伝授してもらい、プロになりました」。近所でも十分に楽しめることを教えてくれました。

 一人だと、あれこれ悩んでしまうことも、他のお父さん、お母さんの本音を聞くことで「自分だけじゃない」と分かり、新たなヒントを得ることもできます。「ココハレ広場」でほっと一息つき、お子さんに向き合っていただければと思います。

 今月は「PTAあれこれ」というテーマで募集しています。あなたの声をぜひ、ココハレにお寄せください。(メディア企画部)

ページトップへ