■Google検索からご訪問の方へ(2021年9月14日) ログインできない場合は、こちらからどうぞ

2021.05.08 08:41

高知・大豊町のIターン夫妻がフィットネス施設建設へ「体動かす楽しさ知って」

「体を動かす大切さ、楽しさを伝えたい」とトレーニングするバイオレットさん(左)とカルロさん=写真はいずれも大豊町東土居
「体を動かす大切さ、楽しさを伝えたい」とトレーニングするバイオレットさん(左)とカルロさん=写真はいずれも大豊町東土居
 長岡郡大豊町にIターンした夫妻が、町内にフィットネス施設の整備を計画している。母親が町出身のバイオレット・パチレオさん(39)と夫のカルロさん(51)。夫妻はラフティングなどの観光や保健福祉などとの連携も視野に「町の魅力を国内外にPRしたい」と意気込んでいる。

 バイオレットさんは同町東土居出身の母と英国人の父との間に東京で生まれ、外資系証券などを経て2018年に金融コンサルタント会社を起業。同町には幼い頃から母と訪れ「山や川で遊ぶのが楽しみだった」一方「年々住民や商店が減って寂しかった」という。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ