2021.04.21 08:44

男子生徒にスマホ・たばこ買い与えた50代女性教諭「母親代わりの思い」高知県教委が戒告

 高知県教育委員会は20日、担任していた男子生徒に高額なスマートフォンを買い与えるなどしていた県立特別支援学校の50代の女性教諭を戒告処分とした。女性教諭は「生徒と関わるうちに母親代わりのような思いになった」と生徒を特別扱いし、たばこなども買い与えていたという。

 県教委によると、女性教諭は2018年12月ごろ、学校行事への参加を嫌がる高等部の男子生徒への「ご褒美」として釣り道具や財布を購入し始めた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ