2019.09.11 14:35

孤独の病・依存症 高知東生さんに聞く(6)自分に言い聞かせてる

高知東生さん=右=と主治医の松本俊彦さん(8月30日、高知市内で行われた講演会の会場=佐藤邦昭撮影)
高知東生さん=右=と主治医の松本俊彦さん(8月30日、高知市内で行われた講演会の会場=佐藤邦昭撮影)
 高知東生(たかち・のぼる)さん(54)に「回復に必要なものは」と尋ねると、インタビュー中で一番長く考え込んだ。数十秒の後、真剣な表情を崩さずに答えた。「依存症の仲間からの愛」

    ◇

 逮捕されて多くのものをなくした。仕事の信用をなくし、留置所から離婚届も出した。自分が砕け散ったような感じがした。

 これからどうしたらいいのか1人で考えても分からなくて。俺を捕まえた麻取(麻薬取締官)の人に聞いたら「700番は松本先生がいい」って教えてもらった。700番って俺のこと。留置所では番号で呼ばれるから。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会


ページトップへ