個人情報保護に関する基本方針(プライバシーポリシー)

高知新聞社は、高度情報通信社会における個人情報保護をうたった「個人情報の保護に関する法律」(以下「個人情報保護法」という)の趣旨に基づき、個人情報保護法および弊社の個人情報保護管理規定を順守し、下記の通り、個人情報の適正な取り扱いに努めます。  報道目的で取得する個人情報は、報道・表現の自由を侵すことのないようにとの考えを背景に、個人情報保護法の適用除外となっています。弊社は、報道の倫理にのっとり、報道目的で取得する個人情報を慎重、厳正に取り扱います。

第1.個人情報保護に関する法令や規律の尊守 個人情報の保護に関する法令及びその他の規範を尊守し、個人情報を適正に取り扱います。

第2.個人情報を取得 個人情報を取得する際は利用をできるだけ特定し、適法かつ構成は手段によって個人情報を取得します。

第3.個人情報の利用 取得した個人情報は取得の際に示した利用目的もしくは、それと合理的な関連性のある範囲内で業務の遂行上必要な限りにおいて利用します。また、個人情報を第三者との間で共同利用し、または、個人情報の取り扱いを第三者に委託する場合には、共同利用の相手方および第三者について個人情報の適正な利用を実現するための監督を行います。

第4.個人情報の第三者提供 法令に定める場合を除き、個人情報を事前に本人の同意を得ることなく第三者に提供しません。

第5.個人情報の管理 個人情報の正確性および最新性を保ち、安全に管理するとともに個人情報の紛失、改ざん、漏えいなどを防止するため、必要かつ適正な情報セキュリティー対策を実現します。

第6.個人情報の開示・訂正・利用停止・消去 本人が個人情報について、開示・訂正・利用停止・消去などを求める権利を有していることを認識し、個人情報相談窓口を設置して、これらの要求ある場合には、法令に従って速やかに対応します。

第7.組織・体制 業務上使用する個人情報について適正な管理を実施するとともに、業務上の個人情報の適正な取り扱いを実現するための体制を構築します。

第8.個人情報保護コンプライアンス・プログラムの策定・実施 この個人情報保護方針を実行するため、個人情報保護コンプライアンス・プログラムを策定し、これを研修・教育を通じて周知徹底させ、継続的に改善することによって常に最良の状態を維持します。

ページトップへ