2024年 06月24日(月)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法
県体写真

2024.04.13 08:32

高知パシフィックウェーブ、新戦力7人加入 ソフト日本リーグ優勝へ一丸 4/26開幕―月刊マル地スポ

SHARE

 ソフトボールの日本男子リーグで昨年、6年ぶりの決勝トーナメント進出を果たして3位となった高知パシフィックウェーブ(PW)に今季、新人が7人も加わった。2004年のチーム創設時を除くと、これだけ多くの選手が一度に増えたのは初めて。気合十分の新戦力とともに、さらに上を目指す。

3本目の柱と期待される野本誠士投手(写真はいずれも春野運動公園)

3本目の柱と期待される野本誠士投手(写真はいずれも春野運動公園)

■野本誠士投手 本格右腕3本目の柱
 まずは本格派右腕、野本誠士投手(22)。高岡中出身で、岡豊高時代の19年に国体少年男子県チームを優勝に導き、日体大でエースを張った。鋭く落ちるドロップが最大の武器だ。…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 高知のスポーツ 月刊マル地スポ ソフトボール

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月