2024年 06月24日(月)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法
県体写真

2024.04.07 08:47

三島の菜花、再生へ 見どころ多い四万十川最大の中州―ちいきのおと(167)昭和(四万十町)

SHARE

三島の菜の花畑。春先の四万十流域に彩りを添える (写真はいずれも四万十町昭和)

三島の菜の花畑。春先の四万十流域に彩りを添える (写真はいずれも四万十町昭和)


直販所も粘り強く営業

 四万十町昭和には四万十川で最大の中州、三島がある。「知る人ぞ知る」といった趣のスポットながら、沈下橋が二つもあるなど実は見どころが多い。黄色く輝く菜の花畑は春先の風物詩だが、近年は栽培面積が減少。かつての景観を再生する試みも行われている。 

 冬枯れの四万十川沿いをドライブしていると突然、鮮やかな原色の一画が視界に飛び込む。

 「あれっ?」と気づいて国道381号をそれると、そこに沈下橋がある。近くにJR予土線の鉄橋も架かっている。1日わずか8便の行き来なので、列車の通過を目撃できれば幸運だ。

 車を止めて中州の菜花を眺めながら散策するうちに、もう一つの沈下橋が現れる。…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 四万十町 ちいきのおと 農業 地域おこし

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月