2024年 07月16日(火)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法

2024.03.08 16:40

選択的夫婦別姓、経済界が要望 署名提出「ビジネスに支障」

SHARE

 選択的夫婦別姓の早期実現を求め、法務省で門山宏哲副大臣(左端)に面会し要望書を提出したサイボウズの青野慶久社長(左から2人目)、大和証券グループ本社の田代桂子副社長(同5人目)ら企業経営者ら有志の会=8日午後

 選択的夫婦別姓の早期実現を求める企業経営者ら有志の会が8日、法務省で門山宏哲副大臣と面会し、千筆超の署名を添えた要望書を提出した。経済同友会の担当者も同行した。ビジネス現場で旧姓を通称使用している現状では、海外渡航などの手続きに支障が出ているとして、別姓を法制化すべきだと訴えている。8日は国際女性デー。


 有志の会は、IT企業サイボウズの青野慶久社長や大和証券グループ本社の田代桂子副社長ら19人が呼びかけ人となり、21年4月に発足。企業・団体の役員の署名をオンラインで募った。サントリーホールディングスの新浪剛史社長や楽天グループの三木谷浩史会長兼社長らも名を連ねている。

(c)KYODONEWS

国内・国際 N主要 N社会

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月