2024年 06月24日(月)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法
県体写真

2024.03.09 08:35

高知県の柔道界にモンゴルの風 明徳中高の留学生奮闘 夢は「五輪」「日本一」―月刊マル地スポ

SHARE

近年力を付けてきた明徳義塾中高柔道部。後列左がウリンソルモン・マンドール、右がスクバット・エンオチラル(写真はいずれも同校柔道部)

近年力を付けてきた明徳義塾中高柔道部。後列左がウリンソルモン・マンドール、右がスクバット・エンオチラル(写真はいずれも須崎市の同校柔道部)

打ち込み練習に励むエンフオチラル

打ち込み練習に励むエンフオチラル

チームメートの乱取りに鋭い視線を送るマンドール

チームメートの乱取りに鋭い視線を送るマンドール

 近年、高知県柔道界で急速に存在感を増しているのが明徳義塾中高だ。まず中学チームが2022年10月の県中学選手権男子団体を初制覇し、以後の県内大会で上位に定着。高校チームも今年1月の全国高校選手権県予選男子団体を28年ぶりに制した。躍進の原動力の一つがモンゴル人留学生。「柔道発祥国の日本で強くなりたい」と志を抱いてやってきた彼らに思いを聞いた。

 明徳中高柔道部は…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 須崎市 高知のスポーツ 月刊マル地スポ

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月