2024年 07月15日(月)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法

2024.03.05 08:45

遺族の闘い 核問題 訴える使命―追憶のマーシャル ビキニ事件70年(4)

SHARE

裁判の弁論を終え、支援者に報告する下本節子さん。多くの人の思いを背負って立つ(高知市丸ノ内2丁目の高知城ホール)

裁判の弁論を終え、支援者に報告する下本節子さん。多くの人の思いを背負って立つ(高知市丸ノ内2丁目の高知城ホール)

 ビキニ事件にとって、この10年は法廷闘争の歩みと重なる。

 訴訟への扉をこじ開け、敗れ、再び闘いへ。現在、国などを相手取った訴訟の原告団長を務める下本節子さん(73)=高知市塚ノ原=は、亡くなった父や仲間のため先頭に立つ。

 「国に内部被ばくを認めさせ、米国に追随した政府に責任を取らせる。負けられん裁判です」

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 高知市 室戸市 語り継ぐ戦争・戦後

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月