2024年 07月26日(金)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2023.08.29 08:38

虚実 瞬時に共有―流言禍 関東大震災から高知へ(5)

SHARE

東日本大震災後、SNSにあふれた投稿(コラージュ・竹内宏樹作成)

東日本大震災後、SNSにあふれた投稿(コラージュ・竹内宏樹作成)

 「【拡散希望】○○石油(企業名)の爆発により有害物質が雲などに付着し、雨などと一緒に降る」

 「喉頭ガン予防に『○○うがい薬』が有効です」

 「被災地は殺人や暴行が起き、一人では歩けない状態」

 2011年3月11日の東日本大震災後、ツイッター(現X)などの交流サイト(SNS)で出回った流言のほんの一部だ。誰もがスマートフォンを持つ今、デマは指先一つで瞬時に世界に拡散される。

 「避難所の三条中(仙台市青葉区)で中国人らが支援物資を略奪している」。多くの技能実習生が暮らす宮城県石巻市では、「中国人窃盗団が暗躍している」という流言も広がった。

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 防災・災害 IT・デジタル・ネット

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月